千葉駅東口地区第一種市街地再開発事業の建設状況(2019年7月5日)千葉駅東口前の再開発

千葉駅東口地区第一種市街地再開発事業

こんにちは、超高層ビルウォッチャー のはらしんです。

今回は千葉駅東口前の再開発事業(地上10階 地下1階 高さ51,39)について書いていきます。

昔クリスタルドームがあった場所の前で行われている再開発です。

完成するのが3年後なのでまだ中に何ができるのかはわかりませんでした。

千葉に住んでいるので、本当に楽しみな計画です。

千葉市公式ホームページ



千葉駅東口地区第一種市街地再開発事業

千葉駅東口地区第一種市街地再開発事業

現地の看板を撮影しました。

完成予想図です。

こんな駅前の一等地にあるのだから、もっとでかいビルを建てて欲しかったです。

この完成図を見たところ、ビルの中を通れるようになるようです。

千葉駅東口地区第一種市街地再開発事業

2019年7月4日のモノレール千葉駅から撮った千葉駅東口地区第一種市街地再開発事業です。

このビルができるのは嬉しいのですが、後ろに見えているタワーマンション(千葉セントラルタワー 地上43階 高さ151,5

m)がこの場所から見えなくなってしまうのはとても残念です。

千葉駅東口地区第一種市街地再開発事業

2019年7月5日に同じところから撮りました。

この日にビルの中を通る道を作っていました。

千葉駅東口地区第一種市街地再開発事業

7月5日に建設現場の前から撮った写真です。

千葉駅東口地区第一種市街地再開発事業

まだまだタワークレーンも建っていません。

伸びるのはこれからです。

千葉駅東口地区第一種市街地再開発事業

フクロウみたいな形をした交番の前から撮った千葉駅東口地区第一種市街地再開発事業です。

後ろに見えているビルはそごうのオーロラモールジュンヌ(地上17階 高さ不明)です。



 

建築計画のお知らせ

千葉駅東口地区第一種市街地再開発事業

🌟物件概要

所在地:千葉市中央区富士見2−2−1

名称:千葉駅東口地区第一種市街地再開発事業

用途:事務所、物販、飲食、診療所

階数:地上10階、地下1階

高さ:51,39m

敷地面積:3295,89㎡

建築面積:2839,65㎡

延べ面積:24936,83㎡

構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造

基礎工法:杭基礎

着工予定:平成29年10月10日

完了予定:令和4年11月30日

建築主:千葉駅東口地区市街地再開発組合

設計者:清水建設、松田平田設計共同企業体

工事施工者:清水建設株式会社千葉支店




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です